豆類

ばぁちゃんの畑で そら豆とグリーンピースの成長がピークを迎えています

いろんな料理に登場してます

快晴続きで こまめな水撒きが大事

モロッコいんげんの芽も

元気に顔を出し始めました

義母の指導のもと

毎回新しい発見の連続です

臨時営業

本日5月3日から5日までの3日間

菊鹿ワイナリー敷地内で臨時営業いたします

そば粉のギャレット

パン・デピス&金柑のコンポート

ナチュラル シードル

たくさん 用意してお待ちしております

スナップ 何とか?

 『畑に スナップ何てろって 言う 豆が ぐっさり

なっとるけん 早よ 取りに来なっせ!』

と 早朝、義母からの電話

畑に身長よりも高いスナップえんどうの長い壁が出来ていました!

手際よく収穫する義母

買い物袋が

こんなに似合わないヤツも

あまり いません

新鮮なうちに・・

厚切り豚肉のしっとりグリルと一緒に!

 

丸3年

熊本地震から丸3年

普段どおり営業出来るのも

県内外の多くの方々の支えと応援があったからです

感謝の気持ちを心に刻み

日々生活していきます

鋳物の鍋がこんな風に壊れるとは・・

凄まじい自然の力を肌で感じました

キッチンでは使えない このココットは

3年後、オーディオ機器を中に入れ

スピーカーの代用品として活躍中

いい具合に音がこもり蓄音器から流れてくる音楽のようで

店のレトロ感にピッタリです

料理以外に使い道が見つかり ホッとしてます

 

 

数年ぶりに ドンピシャ!!

 

開花と自衛隊通りの桜まつりのタイミングが数年ぶりにドンピシャで

普段静かな店の前も大勢の人々で賑わっていました

今がピークで今週末まで見ごろのようです

桜の花の魅力って 本当にすごいですネ

 

 

 

それと、ひとつだけお願いがあります

 

お店の営業と通販業務を兼務しており

ビストロの予約がない場合、通販業務に専念する事が多々あります

わざわざ ご足労いただき お断りするのは 誠に心苦しく

 

出来れば前日までにお電話にてご確認いただければと思っております

不規則な業務でご迷惑をお掛けいたしますが

何卒宜しくお願い申し上げます

 

僕には母と呼べる女性が3人います
ご存知、我が店の裏看板娘
実母の明美さん

野菜づくりの恩師でもある
義母の洋子さん

そして10代からお世話になっている
親友の母、貞代さん

少しだけワンパク?だった僕は
あまり家に帰らず、
親友の家に入り浸り、
高校時代の大半を
そこで過ごさせてもらいました

その当時を振り返ると、
赤面するくらい
図々しい事をしていたのだと
改めて思います

そんな世間知らずの
厚かましい小僧を、
親友の母 貞代さんはいつも
家族同様に優しく
接してくれました

月日が流れ
修行を終え開業する時も
熊本で横の繋がりのない僕の為に、お客様や各業者さんの紹介、
調理補助などのサポートを
親友と彼の弟と共に
快くしてくれました

店が軌道に乗るまではと
10代の頃同様に
寝泊まりさせて頂き、
身の回りの世話までしてくれ
感謝という言葉だけでは
到底足りません

今では毎年
彼女の好きな紫陽花を贈る事と
今日、亡き親友の命日に
お互い近況報告をするくらいで
恩返しなど未だ程遠いのですが、、
普段通り健康で
お店を続けて行くことが
恩返しに繋がると
都合よく勝手に解釈している
厚かましいところは
昔と全く変わりません

貞代さん

これからも元気に
包み込むような
優しい笑顔で
いつまでも
周りの皆を見守り続けて下さい

収穫

先日、ようやく芽キャベツを収穫できました

となりに植えたパセリも一緒に

ばぁちゃんちの畑で

元気なキャベツとスティックセニョールもゲット

 

刻んだパセリの香りが春らしい

キャベツ系野菜ずくしの魚料理

 

硬い皮をむいた芽キャベツの芯が一番美味かも・・・

Les couteaux

久しぶりに包丁たちを研ぎました

この動作をすると

いつも初心に戻れます

 

 

今年も、ばぁちゃんに教わりながら

色々チャレンジしようと思います!!

報告

3人の息子達が まだまだ小さくて

人手が足りず 店が忙しい時期に

我が子同様に面倒を見てもらい、愛情を注いでくれた義姉

 

彼女のお墓が嫁ぎ先でもある柳川の

川下りなどで多くの観光客が行き来する中心地のお寺にあります

年に3,4回 お墓参りをして

川向かいにある老舗で鰻のせいろ蒸しを食べ

湾岸道路で帰ってくるのが一家のお決まりコースになっています

今回は十三回忌の節目の年に

姪っ子(義姉の娘)の婚約と言う めでたい報告が目的でした

 

いつも義姉にベッタリのお母さん子だった姪っ子も

今秋には立派なお嫁さんです

 

いつまで経っても歳を取らない

キラキラした優しい笑顔の義姉を想いながら

家族一緒に手を合わせました

 

 

蒲焼と お香の煙 目に沁みる

Chou de Bruxelles

昨年の秋、駐車場横の小さな菜園に植えた芽キャベツが

こんなに大きく育ちました

もう少し大きくなったら収穫です

我慢出来ずに3個だけフライング