すきまの時間

店舗の仕切りを開口したことで 隣の調理場の扉が光を反射し

ほんの数十分の間 壁がスクリーンになり 文字を映し出します

仕込みの合間のちょっとしたコーヒーブレイク

桜に続き、今度はタイムの花が満開です

ランチあと

すきまの時間

心地よい

 

 

満開の笑顔

50年の人生を精一杯 生き抜き

この桜の季節に  旅立った 同級生

 

単身赴任が長かった彼は

盆と年末、いつものメンバーと共に必ず来店し

たらふく食べて 飲んで 語り合い

毎回最後の締めは、負けた者が一気飲みのトランプゲーム

次の日のランチ営業を顔面蒼白でこなした事も

今となっては いい思い出です

 

家族構成が子供 男3兄弟の同じ環境という事もあり

子育て論で盛り上がり

ついつい呑みながら朝まで という時も・・

 

数ヶ月前に彼が、 「江藤の店に行きたかぁ」 と

  他の友達から聞きました

 

あいつに、ローストした分厚い肉を

食べさせてやれなかったのが 少し悔しいですが

 

 

毎年、桜が咲き乱れるこの時期に

何事も豪快だった あいつの満開の笑顔を思い出したいです

 

 

 

80

先日、父の80歳(傘寿)の祝いをしました

めでたい集いを自分の店で出来る事に、幸せを感じます

 

中卒で社会に出て 色んな苦労をし 一家を支え

息子には大卒のサラリーマンになって欲しかった父の想いとは

真逆の道を進みましたが

最近 ようやく 自分の仕事を少し認めてくれているようです

 

次回のお祝いも、同じメンバーで集まれればいいなぁ~

 

18歳、料理人の道を歩み始める日の朝

博多駅のプラットホームで渡された手紙

 

 

今、自分が息子達を送り出す立場になり

改めて こころの奥まで しみわたります

エッセイ集

開店以来ずっと可愛がってもらっているお客様が

10数年前の当店での出来事を

素敵なエッセイに・・・

冷え込む寒い夜に、こころから温まるプレゼントをいただきました

 

 

ビストロ・シェケンの片隅で

 

その日私は洒落たカフェカーテンが窓辺に揺れるビストロの片隅に居ました。

この店は陽気なパリっ子達が美味しい味を求めてつどう、

日本にいながらまさにそんな風情を感じさせるお店です。

味も心も満足する唯一の空間の中で

ある時居合わせたお客さんの事がずっと記憶に残っているのです。

店内は、私とその二人のお客さんだけでした。

今時の若者らしくお洒落なファッションにピアスをした初々しいカップルでした。

この店は、シャンソンかフランス語のラジオの音が流れているのですが、

二人の声が聞こえてきません。

見つめあって楽しそうにランチを食べています。

やがてコーヒーとデザートが運ばれてくると

どちらからともなく、指先が動きはじめました。

すると二人は、手話で会話を始めたのです。

 

店内に流れるシャンソンと、優しい春の陽が窓のカーテンを伝います。

まるでフランス映画のような温かな光景でした。

とびっきり美味しいランチの味とともに

忘れられない思い出です。

 

 

熊本市  「ビストロ・シェケン」  にて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017 最終日

2017

ありがとうございました

素敵な年末年始をお過ごし下さいませ

 

忙しい年末、母にマッシュルームのそうじを

お願いしている時に一句

 

してるのか

眠っているのか

わからない

ピーク

通販業務の為、ランチ営業が不規則になり

ご迷惑お掛けしております

 

全国各地の食卓にお届けする商品の発送がピークを迎えています

丹精込めてつっくた料理が各家庭で

どのように楽しまれるのかを想像しながらの梱包

皆さん、笑顔になってくれれば幸せです

 

忙しい年末、そろそろ家内から言われそうな言葉を一句

 

いいかげん

ボーダーよりも

金貯めて!

 

エトケン川柳より

 

 

25年ぶり

 

フランス修行時代、Haut-Savoie(オート・サヴォワ)地方で

一緒に過ごした ピエールがSNSで店の存在を知り

連絡してきてくれました。

彼とはレストランの休憩時間に山登りや日光浴、湖で泳いだり、

休日には彼のお父さんの営むアヌシー湖近くのオーベルジュに

遊びに行き泊めてもらったりと大変仲良く接してくれた記憶が

25年経った今でも鮮明に残っています。

当時あどけなさの残る10代の彼は弟のような存在

私にも まだ髪が~~

現在の彼  ワイルドになりすぎて

すれ違っても絶対わからないでしょう

でも再会して しっかりとハグしたいなぁ。

Merci   Pierrot  !!

 

癒されました。

元スタッフ 恵美が

女の子(生後3ヶ月)と一緒に

遊びに来てくれました

男子しか育ててないので

女の子の扱いがわかりません

この笑顔に癒されました

早く孫が欲しい

山都町産の野菜も

たくさん頂きました

ありがとうございました

居眠り

この季節、調理場の裏口ドアを開けると

気持ちの良い風が通り抜けます

ランチとディナーの合間

うちの裏看板娘も撃沈です