温まる一皿

 

日が暮れると Tシャツでは肌寒く感じます

注文いただく料理も少しずつ

身体の温まるものが増えてきました

 

 

豚、皮、羊、鴨、ソーセージ、白いんげん豆

肉類と豆の熱々グラタン 【カスレ】

取り分ける時の香ばしい湯気もご馳走です!

やっぱり 赤ワインかなぁ~~

Le Guide Michelin

7月13日にミシュランガイド熊本・大分2018特別版が発売されました。

 

長い間 ワインビストロの形態で店を営んできた者として、

現時点での最高の評価 ビブグルマンを頂いた事に幸せを感じます。

(まだ現物は見ていませんが…笑)

 

フランスにいた頃、このガイドブック片手に次の修行先のレストランを探したり、

食べ歩きの店や安い宿を見つけたりと本当にお世話になりました。

そのミシュランが日本でガイドブックとして出版された事、

ましてや故郷 熊本で自分の店が掲載されるなど、

その当時  想像すら出来ませんでした。

時代って物凄く変わるものなのだと、しみじみ感じる瞬間でした。

 

これからも支えてくれる家族に感謝しながら

肩の力をを抜いて精進します。

 

皆様   引き続き宜しくお願い致します。

Ch-ch-changes

 

福岡、糸島在住の重藤氏に

とても素敵な文章と 数々の美しい写真で

お店を紹介して頂きました

Ch-ch-changes

各地の美味しい飲食店などを

独自の視点で多数取材されています

 

Les Epices

いろんな種類の香辛料を すり鉢で細かく 砕き

その時の好み(気分)で 配合を変えた

混合スパイスを常備しています

すり鉢のなかは異国情緒溢れた香りです

 

味が単調になりがちな素材にまぶし、マリネしたり

仕上げ直前の肉にふりかけ、軽く温め香りを出したりと

使い方は様々

塩と混ぜて自家製スパイスソルト

料理の隠し味に大活躍です


【フランス惣菜・カンティーヌ】

3IMG_1625-mini


 

6月1日発売のブルータス特集号

日本一の「お取り寄せ」&「手みやげ」はこれだ!の中の

パテ&テリーヌ部門のグランプリとして

当店 ご紹介頂いております!

日頃から、お仕事やプライベートで「お取り寄せ」、「手みやげ」を

ご利用されてる方にとっては最高の一冊だと思います

全国各地の美味しいものが ぎっしり紹介されております

興味のある方は是非お近くの書店まで!!

 

金柑

例年より寒かったせいか、熟れる時期が遅く

先日やっと2度目の収穫をしました

仕込みの合間のツマミ食いが止まりません

おかげで風邪ひとつ ひきませんでした

アイスにしたり・・

コンポートにして

プティ・シューと合わせたり・・

ブリオッシュを挟んだりと・・

今年も大活躍です

“Coq au vin” en Terrine

 

4年程前から フランス郷土料理で

ずっと愛され続けている各地方の煮込み料理を

「前菜のテリーヌに出来ないか?」 と言う自分の中のテーマがあり

毎回、メニュー替えの時期に試行錯誤しています

今回、赤ワインをたっぷり使ったブルゴーニュ地方の

有名な鶏の煮込み料理

コック・オー・ヴァンをテリーヌに仕立てました

基本的に仕込み、調理の工程は煮込み料理とほぼ同じ

かたちを変えて、テリーヌ型の中でじっくりと煮込むイメージです

 

定番の付け合せ

小玉ネギ、マッシュルーム、ベーコンをピクルスにして

しっかり煮詰めた赤ワインソースをかければ完成です

料理って 大変だけど 楽しぃぃ!!

 

SUD-OUEST

9、10月は、フランス南西部近辺の料理を紹介

砂肝、豚こめかみのコンフィサラダ

 

郷土料理として有名な鶏のバスク風煮込み

テリーヌ型にその材料を詰め込み

冷菜として提供します。

ポテト、干しダラ、下足

ヤリイカの詰め物

その日の白身魚を優しく火入れ

季節のキノコのクリーム仕立て

赤身の牛肉をしっかり煮詰めた赤ワインソースで・・

ラム酒の効いたカヌレ&アイス

 

・その他 ア・ラ・カルトも多数ご用意しております!!

“SUD-OUEST” の続きを読む

ナチュランネ熊本2017

「乾杯するのに、理由はいらない。」

美味しいナチュラルワインと食のお祭り 「ナチュランネ熊本2017」

自由なワインを身体で感じ、

食の未来を少し考えながら

今年の秋も 一緒に笑顔で乾杯しましょう!!

FOODブース各出店舗にて、前売り券販売しております

よろしくお願い致します!!

 

****************

 

暑い日々で少々バテ気味、食欲不振の方も、、、

 

夜はコース以外にアラカルトも、ご用意しておりますので

ワイングラス片手にチビチビいかがですか?

 

La betterave

天草、栖本町の自然な環境で

各種ハーブ類、西洋野菜を丹念に育てられている

ナチュラルハーブ 香草園さんより

貴重なハーブ、お野菜を毎回分けて頂いております

今回その中から、大きく育ったビーツを調理

フランスでもスーパーなどに

塊りのまま火入れして真空パックした状態のものが

普通に売ってあり、そのままカットしてサラダに仕上げたり

スープの材料にしたりと、家庭で日常的に食べられています

この季節、やはり冷たいスープ

各種香草を混ぜ込んだフロマージュブランを

味覚のアクセントとして浮き身にしました

少しでも清涼感を味わってもらえれば嬉しいです

 

 

Soupe

 

 

最近 作った スープたち

 

各種魚介&甲殻類の軽いスープ

シャドークイーン・インカの目覚め を散りばめた

えんどう豆&ポテトのスープ

マリネしたミニトマト、小玉ネギの浮いた

新玉ネギの冷製スープ

干しダラ、じゃがいも、ニンニクのスープ

真夏のガスパチョ

次回は、ビーツを使った冷たいスープ考えてます